<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

アレルギーの元、判明にゃ   

2008年 12月 27日

初診から4日後の昨日、再び神奈川病院のアレルギー科に行って来ました。

まず、初診の採血で分かったアレルギー検査(RASTっていうのだと思う)の結果。
d0141808_73254100.jpg

卵白とネコ皮屑に反応が出ました(T_T)

まだ生後6ヶ月になったばかりなので、
もう少し大きくならないと反応が出てこないものもあると思うのですが、
とりあえずは母親の私が卵完全除去します。

そして・・・、問題なのがネコ。
この月齢で食べ物ではなく環境因子(ほこりやダニなど)で反応が出るのは
かなり強いアレルギーだと考えた方が良いのだそうです。
くぅちゃんは完全室内飼を約束して譲っていただいた猫なので
お外には出せませんが(今は猫エイズもあるしこわいよ~)
先生の指導で、「ちび太の寝る寝室には猫を入れない」と
「週に2回シャンプーする」という対策を取ることになりました。
くぅちゃん、今まで×ヶ月に1回くらいしかシャンプーしていなかったお風呂嫌いなのに
大丈夫かなぁ。

さらに昨日は、前回できなかったブリックテストをしました。
皮膚に抗原液を垂らして針で刺して反応をみるテストです。
検査から24時間後におうちで反応をみます。
d0141808_8135752.jpg

卵とネコ以外に乳と落花生にも少し反応が出ているもよう。
次回先生に赤い部分の大きさを報告し、これから乳なども除去するのか聞いてみます。

帰り道の成城学園前で、痛い思いに耐えがんばったちび太に
恐竜5兄弟を買ってあげました。
d0141808_931389.jpg

d0141808_94251.jpg

水鉄砲になってます。乾燥に弱いので、湯船はぬるめで3分以内なのだが・・・。
[PR]

by korochan-mama | 2008-12-27 09:05 | ちび太のアトピー

サンタだぷぅ   

2008年 12月 24日

d0141808_2134411.jpg

めりーくりすまちゅ!

早く寝ないとサンタさん来ないんだって~。
なので、おいらはもう寝まーす。

(写真は百日祝いのときにスタジオアリスで撮ってもらったものです♪)
[PR]

by korochan-mama | 2008-12-24 21:34 | 子育て

アレルギー科の穴場   

2008年 12月 23日

ちび太のアトピーですが、2日前にステロイド使用に踏み切りました。
ちょっと長くなりますが、その経緯について書こうと思います。

◆私のステロイド不信
私はステロイドに対しては、恐怖心を持っています。
その理由は、知人(といっても直接話す間柄ではありません)に
割りと重いアトピーの方がいて、その方は30代になった今も症状に悩まされているからです。
その方は、子どものころステロイドを使用しながら治療をしていて、
「ステロイドを使ったら症状が重くなった」
「あげくにステロイドの内服液や注射まで使用し、副作用がひどかった」そうなのです。
なのでステロイド=悪い薬という強いイメージが私の中にはあり、
これまで自分が医者や歯医者にかかるときは、
使いたくない薬の欄に必ず「ステロイド」と書いていました。

◆情報通な人
なので、ちび太のアトピー治療にもステロイドを使用しない病院を選んでいたのですが、
その考えを変える出来事がありました。
それは、12月1日に初めて行った(産院ではない)母乳ケアでした。
母乳ケアをしてくださる先生は、毎日何人もの乳幼児のお母さんと話をしているせいか、
この地域の赤ちゃんに関するサービスについてとても詳しかったのです。
ケアをしていただきながら雑談が始まり、
私の産院のことも知っていて、通っていたアレルギー科の話になると
「あの先生は本とか出していて人気があっていっつも混んでるけど、
あんまり治療してくれないんじゃない?」と言われました。
たしかに、ある意味治療してくれない(ステロイドを処方されない)ことを理由に
そのアレルギー科を選んでいたので、「はぁ、そうですね」などと話を聞いていました。
その時、先生に勧められたのが成育医療センターのアレルギー科。
しかし、私は以前ここの皮膚科出身の先生のクリニックに行って、
通わずに止めてしまっていたので、その話もしてみました。
(こちらの皮膚科が悪いと言っているわけではなく、当時私が納得できなかったというだけです。)
すると、「皮膚科とアレルギー科は治療方針も違うし、皮膚科で納得できなくても
アレルギー科の治療方針には納得できるかもよ。ステロイドも上手に使えば、いいかもよ」
と決して押し付けがましい言い方ではなく勧めてくれました。
そして、「私が見てきた限り、ここに通っている子はみんな2歳までに脱ステしてるよ」と先生。
今まで、ステロイドって本格的に使ったら一生使うことになるんだろうと思っていた私は
この言葉がきっかけで、ステロイドを使った治療をしてみてもいいかもと思い始めました。

◆予約が取れない
自宅についてから調べたところ、やはり成育のアレルギー科では
ステロイドを使い始める時点から、徐々に減らして治療することを説明していただけるようで、
ここなら安心と思いました。
また、ステロイドの副作用についてちゃんと説明しているところが、
「副作用なんて気にするな」と言う医者より信用できると思いました。

しかーし、成育医療センターは予約を取るのがとっても難しいんです。
予約が取れないという話も母乳ケアの先生に聞いていたんですが、
ケアをして頂いた日はちょうど1ヶ月に一度の予約日。
その日から3ヶ月先までの予約が取れるようになります。
最初の2ヶ月の予約は前月の予約日に埋まってしまうので、12月1日は来年2月の予約を入れられる日なのです。
家に帰り(14時ごろ)早速電話したのですが、もちろん予約はすべて埋まっていました。
それから5日ごとにキャンセルが出ていないか電話で聞いてはいるのですが、
今のところキャンセルが出ていたことはありません。

◆どうしても成育で
そんなわけで、どうしても成育のアレルギー科で治療したい!という思いがつのり、
(私は思い込みが激しいんです・・・)治療方針を調べてそれを実践することにしました。
成育のアレルギー科の良いところは、診察だけでなくアレルギーの子を持つ親のために
クラスを開催し生活指導をしてくれるところなのですが、
院外でも先生の講座を受けることはできるみたいです。
http://www.atopy-symposium.com/ 
(協賛が製薬会社だと私はムムムッと思ってしまうのですが・・・)
そしてこの講座でもらえる資料は、製薬会社のウェブサイトからダウンロードもできます。
http://www.astellas.com/jp/health/healthcare/library/
この資料を参考に入浴などのケアを始めてみました。
ここでも驚いたのですが、同じ病院の皮膚科出身の先生には
「石鹸は皮脂を取りすぎてしまうので使用しないでくださいね」と言われたのに、
アレルギー科では「黄色ブドウ球菌を洗い流すので石鹸をよく泡立てて使う」と
指導しているのです。
そんな細かいところまで、科によって方針が違うのかぁと驚きました。
そしてそのやり方でお風呂に入れてあげると、今までひどかった首や耳の裏などは
湿疹が徐々に改善されました。

◆症状が重く・・・→神奈川病院へ
12月上旬はそんなわけで症状が落ち着いていたのですが、
12月の半ばになるとアトピーの症状が急に重くなり始めました。
そのころにしたことといえば、3種混合の予防接種を始めて受けたことと
離乳食で野菜を開始したくらいです。
今まであまり症状のでていなかったほっぺが赤くなり、
お風呂上りには皮膚から液体のようなものが出て、乾くとカピカピになりました。
そして今週は外出が多かったのですが、かゆいせいかぐずりが激しく
夕方頃には見るからに疲れきった生気のない目をしたちび太がいたのでした(T_T)
そんなわけで何をしたいのか分からないまま、近所の小児科に行って
「早く皮膚科に連れて行ってあげなさい。成育のアレルギー科なんて予約取れないよ。
そもそもアレルギーじゃないかもしれないじゃない」とちょっと怒られた。
で、翌日(土曜日)仕方なく近所の皮膚科に行って、
ステロイドとザジテンドライシロップという飲み薬を処方していただき、
ステロイド使用に踏み切りました。
それと同時にインターネットでまたいろいろ調べていたら、なんと成育の先生が
神奈川病院でも小児のアレルギー治療をしているということが分かったのです。
しかも神奈川病院の先生は全員成育の先生で、ここなら3か月待たなくても
予約がなくても見ていただけるではないですか!
そして週があけた本日、念願の診察に行ってきました。
病院は秦野という小田急線の端の方にあります。成育ならバス1本で所要時間20分くらいだけど、ここに行くにはバス20分+電車1時間ちょっと+バス10分くらい。
朝5時半起床、9時10分病院到着(乗り換えがうまくいかなかった)、11時50分診察!
診察してくださった先生は、やさしい女性の先生で診察室に入って多分30分くらい、
じっくり診察や説明をしてくださいました。
「成育のアレルギー科で見ていただきたかったんですが、予約が取れなくて」と言うと
「(同じ先生が治療しているって)どうやって調べたんですか」と驚かれましたが、
最近、たまにそういう人がいるらしいです。
本当はパッチテストでアレルギー検査をするのがよかったみたいなのですが、
抗アレルギーの飲み薬の飲んでいると結果が出なくなってしまうそうで、
採血をしてのアレルギー検査をして、ついでに自費でちび太の血液型も調べていただくことにし、
診察室を出るときには先生に「がんばりましょうね」と
にぎりこぶしのポーズで言って頂きました。
成育の方は次回1月5日の予約日に電話しまくって
(朝一でかけても1時間半くらいつながらないらしい)、3月の予約が取れたら
移りましょうということになりました。
その時も同じ先生方に見てもらえると思うと安心です。

◆がんばります
本当にこれでよかったのか。それは今でも分からないです。
医師を信用しないわけではないけど、症状には個人差があるだろうし、
そのうち脱ステできたとしても、その後に使っていく保湿剤に副作用はないかとか
10年、20年後は分からないです。私の気持ちもまた迷走しちゃうかも。
でも、ステロイドを使い始めてのちび太は、驚くほど笑顔が増えました。
今まで、気が付かずにつらい思いをさせていたのだと、反省しました。
アトピーの治療はやっぱり納得行く方法じゃなきゃ続かないというし、
取りあえずこれでがんばろうと思います。
[PR]

by korochan-mama | 2008-12-23 01:47 | ちび太のアトピー

ミドリのシールを使って   

2008年 12月 21日

年賀状に合わせて、ちび太のひいおばあちゃんに写真を何枚か送ることにしました。
ひいおばあちゃんにちび太の成長ぶりを見ていただこう。

封筒のデコレーションに使っているのは、ミドリのPaper Craft Museumっていうシリーズ。
ちょっと立体的なシールや、テープタイプのシールがあります。
d0141808_2334383.jpg

よくこんな細かいもの作れるな~って感じ。
封筒の窓から、ちび太が花束持っている風に仕上げました。
d0141808_125536.jpg

切手は着物を着ているキティちゃん。
センスがないので出来上がりを見てがっかりしたりするんだけど、
こういう作業をしてると没頭できて楽しくて心地よいです。

ミドリのシール、年賀状バージョンもあって、
牛が写真撮っているやつ、かわいいなぁ。
うちの近所の伊東屋では取り扱いがなくて残念。
[PR]

by korochan-mama | 2008-12-21 23:37 | 子育て

保育園、契約に行ってきました   

2008年 12月 16日

昨日、ちび太の保育園の契約に行ってきました。

近所にあるこの保育園のことを知ったのは、まだちび太がお腹にいなかったころ。
3年半くらい前にマンションを借りる場所を選ぶ際、
子どもができる可能性も考えて調べたからです。
第一印象は、施設に珪藻土とか使っていてすごいこだわりだなぁというのと、
野菜をベランダで育ててるのが、情操教育によさそうというイメージ。

待機登録したのは、妊娠6ヶ月の時(入園予定日の約1年前)で、
見学したのが産休に入った5月でした。
なんといっても0歳児クラスは受け入れ人数が少ないので、
(来年度の月極は2名のみ)早めの予約が肝心です。

他の保育園もちょっとだけ見学して、最終的にこの保育園に決めた理由は
見学したとき、楽しそうだなぁと思ったから。
子どもたちも先生たちも自然体でニコニコしていて、
契約の日も子どもたちに「みんな~、来年から来る子だよ。みんなで面倒見てくれる?」とか
紹介されるアットホームな場所です。
ある保育園に資料だけもらいに行ったときには、
「お客様なんですけど・・・」「じゃあ、●●って説明しといてください」みたいな話を
裏でコソコソしていていかにも事務的な感じだったけど、そういうのとは正反対でした。
事務的な保育園では赤ちゃんの泣いている声が聞こえたけど、
選んだ保育園では見学の日も、契約の日も赤ちゃんの泣き声はしませんでした。
(もちろん泣くこともあるとは思うけど)

ちなみにこの保育園は認可保育園でも東京都の認証保育園でもない無認可保育園です。
認可保育園も検討しましたが、世田谷区は江東区に次いで待機児童数が多く、
なんと200人以上。
1月上旬の申し込み締め切り日までに仕事が決まっている可能性の低い私は
ちび太を認可保育園に入れるのはまず無理だと思いました。
契約社員や派遣社員で育休もらえなかった人って、普通どうしているんでしょう??

これから少しづつお外遊び用の靴とかそろえたり、名前付けとか準備を始めます。

多分、入園するころにはちび太の人見知りも始まっているだろうし、
うまくなじめるかなぁという不安がないといったら嘘になりますが、
遠足や運動会(もうスケジュール帳に書き込んだ)、花火とかあって、
楽しい1年になるといいなと思います。
[PR]

by korochan-mama | 2008-12-16 22:28 | 子育て

つちのこではありません   

2008年 12月 13日

最近、ちょっと太ってきた我が息子。
親の贔屓目で見ても、ハンサム度が落ちてきたような気が・・・。
(もともと細かったから体重が増えてたら嬉しいんだけどね)

明日、デパートに体重を量りにいってこよう。
d0141808_1194452.jpg
[PR]

by korochan-mama | 2008-12-13 01:19 | 子育て

子どもを預けるって・・・   

2008年 12月 11日

数日前にテレビを見ていたら、
六本木の託児所で生後7ヶ月の女児が死亡したというニュースをやっていました。
元の職場の超近くです。

原因は乳幼児突然死症候群となっているので、
解剖をしても正確な死因を特定できなかったってことだと思うのですが、
えっと思ったのは、「職員が1時間ほど目を離した」ってところと
「職員らの過失は低いとみています」というところ。
普通、保護者は託児所に預けた子どもが、
1時間もほったらかしにされているとは思わないと思うのですが・・・。

よっぽどひどい託児所なのかと思いきや、HPを見ると施設はきれいで
かわいいおもちゃがいっぱいで、少人数制保育をうたっている託児所なのです。
こんなニュースを聞かなければ、預けてもいいなと思っていたでしょう。

亡くなった赤ちゃんのご両親(厚木市在住)は2ヶ月前にインターネットで予約して、
その日の午後1時に預けたそうなので、その日だけ何か特別な用事があって
一時保育を利用したのだと思います。
1時間3000円~4000円も払っているのに、そんなことが起きてしまうとは!

確かにちび太も、仰向けに寝かせてもいつもうつぶせになっちゃうし、
まくらに顔をうずめたがるし、ぐっすり寝ているとぴくりとも動かないから、
いつも背中に手をあてて呼吸を確認しています。
d0141808_1442864.jpg

突然死だから家にいて自分が世話をしていても同じ結果だったかもしれないと思っても、
預けた親の立場だったら、悔やんでも悔やみきれないですよね・・・。

ちび太は来年から保育園に入る予定ですが、
こんなニュースを聞くと、不安でいっぱいになります。
[PR]

by korochan-mama | 2008-12-11 01:04 | 子育て

ピースボートに乗ってたあの人が   

2008年 12月 07日

ピースボートの30回クルーズに乗っていた
「全盲のフォトグラファー」伊藤邦明さんが
今夜の「エチカの鏡」で紹介されるみたいです。

個人的には奥様が船に振袖を持ってきていて、
船の上で着付けていただいた思い出があります。

こちらに邦明さんの作品が紹介されていたので見てみてください。
http://www20.tok2.com/home/itophoto/page002.html
[PR]

by korochan-mama | 2008-12-07 18:10 | その他

アレルギー科2回目&離乳食開始!   

2008年 12月 06日

愛用のEXILIMデジカメを壊してしまいました。
我が家で今使えるデジカメはナン太さんの携帯電話のみ。
「生後5ヶ月のちび太の写真がない!」なんて事態になったら大変なので、
少し前から狙っていた一眼レフデジカメを買う決心をしました。
5月まで勤めていた会社の上司が、
「家電にも心があると思うんだよね。買い換えようなんて話をするとすぐ壊れるよ」
と言っていましたが、その言葉を裏付ける出来事でした。

12月に入ったので、またアレルギー科へ言ってきました。
今回の診察でアレルギー検査をするのかなと期待していたのですが、
離乳食を始めるとアレルギーの原因となる食べ物もガラッと変わるそうで、
とりあえずお粥、野菜、果汁(トロピカルではないやつ)の離乳食を進めて、
1ヶ月後にまた来てくださいとのこと。
次の診察でいよいよアレルギー検査をします。
先生の指導でこれから1か月はママの私も卵100%除去、牛乳はできるだけ除去なので、
今年はクリスマスケーキ、食べられなそう・・・(T_T)

で、診察の翌日からいよいよ離乳食スタートです。
着々と用意していた離乳食グッズのデビュー。
出産祝いに頂いた三谷龍二さんのベビーズボウルとベビースプーン。
生まれて初めて使う食器が作家モノなんて贅沢だわーと自己満足に浸るママなのでした。
おかゆをつぶすのには陶片木の胡麻用すり鉢を使いました。
d0141808_17383558.jpg

あと、渋谷の東急東横店でこれを購入。
d0141808_17395387.jpg
冷凍小分け用パック 50ML
5回くらいは使えるらしく、電磁レンジや煮沸消毒ができるので便利です。

1週間分の10倍かゆを作ろうと思って、適当に50CCくらいのお米に10倍のお水を入れて作ったら
鍋いっぱいのおかゆができちゃった・・・。
ちび太の食べる量は1日に大さじ1杯なので、1週間分を冷凍して、
残りは私の朝ごはんになりました。
おかゆはにこにこ食べているわけではないのですが、
一口食べ終わるとスプーンをにぎってもっと口に入れようとします。
d0141808_1741693.jpg

口に入れるたびに「おいしいねぇ!」と盛り上げる親ばかなパパとママ。
お腹がすいているときはおかゆを見せても「これじゃなーい」って感じで泣くので、
まず母乳を片方あげて、その後おかゆをあげています。

おかゆはちょっとどろっとしているので、
食後に3年番茶の冷ましたものを試しに飲ませてみました。
コップを傾けて飲ませたら、
せっせと舌を出して飲んでいて、その姿が子犬みたいでかわいかった~。
結構好きみたいです。
[PR]

by korochan-mama | 2008-12-06 17:41 | ちび太のアトピー